イプスウィッチ コーヒーテーブル

無垢柾目オーク材の優しい風合いと英国アンティークならではの雰囲気を醸すコーヒーテーブル。

イプスウィッチ(ipswich)スタイルはイギリスルネサンス(チューダースタイル)のリバイバルデザインともいえる伝統的英国スタイルの一つです。

イプスウィッチとはイングランド、サフォーク州南東部に位置する町の名前で、英国を代表する風景画家ジョン・コンスタンブル(John Constable)もこよなく愛した典型的な英国のカントリーサイド。
イプスウィッチオークの木肌の美しさ、朴訥とした風合いは素晴らしく、現在も非常に高値で取引されています。

このコーヒーテーブルのオーク材の木質感は素晴らしい。
これだけの幅を無垢一枚板でとるのは現在では難しいのではないでしょうか。
チューダースタイルの伝統的ターンレッグ(挽き物脚)とストレッチャー(貫)がクラシカルな中にもどこか素朴で優しい印象を感じさせます。

オーク材の趣深い味わいを存分に感じていただける、存在感あるカントリーファニチャーです。

材質:オーク材
Age:1900年代
Country:英国
サイズ:幅46cm 奥行き46cm 高さ43cm
品番 8118-503
購入数
Soldout