イプスウィッチ コンソールテーブル

朴訥としたフォルムが素晴らしい、小ぶりながらも存在感を発揮してくれるコンソールテーブル。

イプスウィッチ(ipswich)スタイルは英国ルネサンス(チューダースタイル)のリバイバルデザインともいえる伝統的英国スタイルの一つです。
イプスウィッチとはイングランド サフォーク州南東部に位置する町の名前で、英国を代表する風景画家ジョン・コンスタンブルもこよなく愛した典型的な英国のカントリーサイド。

こちらのコンソールテーブルはじっくりと熟成されたミディアムともダークともいえる絶妙な色味で重厚感を醸し出しています。柾目オーク材が永い年月を経ながら、身につけた古艶はいぶし銀のごとき独特な風合い。イプスウィッチ地方のソリッドオーク、まさにイングリッシュオークのシルバーグレン(銀斑)の荒々しくも優しい風合いはカントリーファニチャーの金字塔といえるもの。

引き出しに施された浅浮き彫りのカーヴィングも、フォルムに品格を添えています。厳選されたオーク材、匠の仕事、そして永い年月が創り上げた芸術品。内側からにじみ出る輝きは、圧倒的な存在感でお部屋を趣深い空間に演出してくれそうです。

材質:オーク材
Age:1900年代
Country:英国
サイズ:幅84cm 奥行き31cm 高さ71cm
品番 8116-037
在庫状況 1
販売価格
272,000円(税込293,760円)
購入数