ボビンレッグダイニングチェア

ボビンレッグに現れたアンティークの艶と使いやすさを兼ねそろえたダイニングチェア。

このチェアに使われたオークには、イングリッシュオークやヨーロッパオークなどその種類は数多く存在します。古くは16世紀頃から家具やウィスキー樽に使われてきた、英国で最も馴染みのある木材のひとつです。

ボビンレッグはターニング(旋盤細工)と呼ばれる加工法で作られ、一本の木材を横向きに固定し回転させ、そこに鑿の刃先を当てながら木を削っていきます。鑿の種類は実に多く、職人はそれらを使い分けながら絶妙な加減で加工していきます。凹凸がある意匠では明暗がはっきりと浮かび、アンティークとしての重厚感や趣をより感じることができます。

ボビンレッグのボビンとは糸巻き、糸紡ぎのことで昔は女性の仕事であり、女性らしさの表れとされています。背もたれにはビーズ&リールの装飾も施され、可愛らしさを添えています。

毎日使うダイニングチェアとして、長年使われてきたものならではの落ち着いた雰囲気が家族の食卓を温かく包み込んでくれるでしょう。

材質:オーク材
Age:1900年代
Country:英国
サイズ:幅46cm 奥行き48.5cm 高さ105.2cm(座面までの高さ:48cm)
表示価格は1脚あたりの金額です。
2脚・4脚いずれかの単位での販売です。
品番 9165-003b
在庫状況 4
販売価格
58,000円(税込62,640円)
購入数