オークゲートレッグテーブル

ゲートレッグテーブルとは、脚部分がゲート(門)のように開き、そのうえに拡張天板をのせて、大きく出来るテーブルのこと。小さい時は壁につけてコンパクトに、また片側のみ拡張も出来る、便利な機能で長く愛されてきたテーブルです。

素材は英国家具の中で一番古い歴史をもつといわれているオーク。堅く、重く、頑強なオーク材で、英国の職人たちはざまざまな家具を世紀を超えて造り続けています。

そのなかでもゲートレッグテーブルは定番のひとつ。脚がツイストだったり、天板にカーヴィングがあるなど、様々なバリエーションがありますが、このゲートレッグテーブルはそのなかでも比較的シンプルな形状をいかして組み上げたお品物。きれいなフォルムの楕円、エッジの丸み、蝶番まわりの細かい加工。挽きものの脚は素朴ななかにも洗練の佇まいをみせています。

ダイニングや作業台、必要に応じて勉強机にもなった、便利なテーブル。

どんなインテリアにも良く合い、オークの美しい木目が素直に愉しめる逸品です。

材質:オーク材
Age:1900年代
Country:英国
サイズ:幅89.5cm 奥行き38.5cm 高さ76cm(天板拡張時奥行き:122.5cm)
品番 9133-126
在庫状況 1
販売価格
140,000円(税込151,200円)
購入数