オークツイストゲートレッグテーブル

ゲートレッグテーブルとは、脚部分がゲート(門)のように開き、そのうえに拡張天板をのせて、大きく出来るテーブルのこと。小さい時は壁につけてコンパクトに、また片側のみ拡張も出来る、便利な機能で長く愛されてきたテーブルです。

素材は英国家具の中で一番古い歴史をもつといわれているオーク。

堅く、重く、頑強なオーク材で英国の職人たちはざまざまな家具を世紀を超えて造り続けています。定番のゲートレッグテーブルは、脚がツイストだったり、天板にカーヴィングがあるなど、様々です。

このゲートレッグテーブルは、英国らしいバーリーシュガーツイストの脚をもつお品物。バーリーシュガーツイストとは、大麦糖のねじりん棒のお菓子のこと。そのような意匠は昔からあったようですが、英国ではヴィクトリア時代に大変流行しました。

手作業でそれぞれの長さに応じて削り出すツイストは、味わい深いフォルムと印象的な陰影を家具に与えてくれる立役者。

末永く傍に置くほどに、愛着が湧くアンティークです。

材質:オーク材
Age:1900年代
Country:英国
サイズ:幅90cm 奥行き45cm 高さ73.5cm(天板拡張時奥行き:125cm)
品番 9133-119
在庫状況 1
販売価格
169,000円(税込182,520円)
購入数