コームバックウィンザーアームチェア

ゆったりとしたすわり心地と存在感ある佇まいが素晴らしいコームバックウィンザーアームチェア。

1700年代前半、イギリスのウィンザー城周辺の車大工や挽き物師たちによって造られていたというウィンザーチェア(Windsor Chair)。
その特徴を周到しているこのチェアは1840年頃から見られるコームバック(櫛形背板)スタイル、頑強で、機能性に優れた美しいフォルムです。レッグやアームには三連のリングターン(輪環の挽き物)が施され、イギリスらしいこだわりと風格を添えています。

無垢エルム材の飴色ともいえる色味と優しい木肌、内側からしっとりと輝く光沢感、素朴なぬくもりは何とも言えない風合いです。年月を重ねるごとに色合いが変化し、使い込むほどに味わいが深まるエルム材。座面の美しい杢目はエルム材ならではの荒々しくも柔らかな表情がよく出ています。飴色の古艶は総無垢のアンティークエルムにしか出せない輝きです。

実用性と美を融合させたウィンザーチェアの魅力を湛えているアームチェアは、機能性やデザインにこだわり、流行には惑わされない眼を持つパートナーを支え続けてくれそうです。

材質:エルム材
Age:1890年代
Country:英国
サイズ:幅56cm 奥行き52cm 高さ110cm(座面までの高さ:46cm)
品番 8121-509
在庫状況 1
販売価格
84,000円(税込90,720円)
購入数