エドワーディアンインレイドサーペンタインキャビネット

こぶりなサイズと前面のカーブが特徴のサーペンタインキャビネット。

サーペンタイン(Serpentine)とは、ラテン語の「這うもの」を語源とする英語「Serpent/蛇」の形容詞。単純な円弧ではなく、くねるような曲線のことを言います。蛇は昔から悪魔の使いとして恐れられながらも、一方では豊穣と多産と永遠の生命力の象徴でもありました。

アンティーク家具にはしばしば天板のエッジや、キャビネットの全面などにサーペンタインのあしらいがみられます。手間も材も、通常の物に比べて何倍も必要なサーペンタインの意匠。家具にそのデザインを施すことによって、人々はその力を我が物にしようとしたのでしょうか。

精緻に施されたストリンギング(線象嵌)や、天板前部分の細かいインレイも見どころのひとつ。
エドワーディアンのすんなりした足元と好対照のサーペンタインのアンティーク・ガラスとともに、説得力をもってその歴史を語りかけてくるようです。

英国伝統家具の美しいフォルムはお部屋を華やかで上質感あふれる空間にしてくれます。

材質:マホガニー材
Age:1900年代
Country:英国
サイズ:幅53cm 奥行き39cm 高さ111.5cm
品番 9139-055
在庫状況 1
販売価格
176,000円(税込190,080円)
購入数