ベントウッドチェア

世界で愛される伝統の曲木椅子、FISCHEL社ベントウッドチェア。

ベントウッドチェアとは、蒸気熱や膠を利用し、木材を曲げる技術によってつくられたチェアのこと。
ドイツのTHONET社のチェアが最も有名です。1819年、ミヒャエル・トーネットが特許を取得して生産されるようになったベントウッドチェアは、斬新なフォルムはアールヌーボーの流行や万博により大流行します。丈夫で軽く使い勝手の良いそのチェアは、大量生産が可能な製法であり、ヨーロッパだけでなくアメリカを始め世界中に広がりました。1869年に特許が切れると、Mundus社、JJKohn社など、ベントウッドの競合会社が設立されていきました。

FISCHEL社はそんな中、設立された曲木の家具メーカー。1871年にDavid Gabriel Fischelとトーネット社で働いていた息子 Alexander Fischelによって始まりました。やがてチェコスロバキアやオーストリアに工場を持ち、100人もの従業員を抱える会社へと成長していきました。量産品ながら高いクオリティを持つチェアは、いつまでも使い続けたい一品として今も愛されています。

このチェアは、ベントウッド特有のすっきりとしたシルエットに、スコットランド伝統のハリスツイードを座面に張ったオリジナルの仕様。ブレードがアクセントとなり、可愛らしい仕上がりです。緩やかにカーヴしたパネルバックの背もたれは楽に身を預けることができます。移動にも便利なチェアは、使いやすさと使い心地を両立したベントウッドならではの魅力が詰まっています。

世界中で使用されているベントウッドチェアですが、長い年月、日々使われ続けてきたものに、ひとつとして同じものは存在しません。
是非、貴方だけのオリジナルチェアを見つけてください。

材質:ビーチ
Age:1930年代
Country:英国
サイズ:幅38.5cm 奥行き42cm 高さ88.5cm(座面までの高さ:47cm)
品番 9165-202
在庫状況 2
販売価格
18,000円(税込19,440円)
購入数